コンデンス脂肪細胞注入

最近は自分の中の余った脂肪を胸に注入する豊胸手術があるそうです。
この手術のことをコンデンス脂肪細胞注入による豊胸手術というのですが
これなら余分な脂肪を有効活用することができますね。気になる部分の脂肪を
小さい胸に充てるまさに一石二鳥の豊胸手術ではないでしょうか?
このコンデンス脂肪細胞というのは最先端の医療として注目を浴びています。
注入した後の脂肪の定着率がいいというのがその理由と言えるでしょう。
なぜ脂肪の定着率が上がるのかというと自分の血液から抽出しているからです。
濃厚な細胞というようなイメージを持つといいでしょう。
自分の余った脂肪を取り出す際にはメスを使わないということと、
自分の脂肪を移植するということでシリコンバッグの挿入などで違和感を
感じるのではないかと不安を持っている方にはオススメの手術になっているそうです。
脂肪と取り出すのはお腹や太ももなのですが一般的に気になる部分の脂肪を
吸引している人が多いようです。このコンデンス脂肪細胞注入のメリットは
定着率の高さを持続期間の長さでしょう。
アクアデオ