夏の甲子園

夏の甲子園が始まった。
夏は甲子園が終わると同時に終わる気がする。
今年も球児たちの正々堂々としたプレーにワクワクさせて貰うとしよう。
私の地元のチームは今年はどうだろうか?せめて3回戦くらい進んでくれたら御の字だが。
晴れやかな球児を観ていると気持ちがいいが、少し嫉妬もする。
それは自分もこんな大舞台で高校生のとき野球をプレーできていたらどんなに楽しかっただろうとそう考えるからなのかも。
そんな事を考えても小学生のときに野球のセンスが無いと知ってしまった私にはどうすることもできないけど。
彼らを観ていてどうして清々しい気持ちになるのだろうと考える。
それは損得の無い全力のプレーをこの大舞台で出し切ろうとする姿勢が感じられるのだろうと思う。
子供ではなく大人にもなっていない球児が眩しいんだろう。
さて、今年はどんなドラマが観れるのであろうか?甲子園には、魔物が潜んでいるという。
その魔物の行方を気にしながら高校野球をテレビの前で楽しむ事としよう。
甲子園が始まり、終わらないと夏は終わらないのだ。

さてプレイボールだ。